無添加化粧品のお話

健康的な女性
美容コスメを使用する事が自然のような女子にとっては、美容コスメについての質問がいろいろありますね。

そんな訳でよく女の人が苦慮している化粧品の質問について迫っていきましょう。

・無添加の化粧品は実際に肌にいいの? 
無添加化粧品と記載されている化粧品は数多くあります。

ですが、メーカーにより無添加の定義が差異ます。

ですからいちがいには無添加の化粧品だから確かであるとは言えないのです。

 多くの時、確か面で問題がないとされているアイテムに無添加と記載しています。

でもその根拠は明確はしない事もあります。

それに成分は配合量や、他にの化粧品原料とのまとめ合わせによっても働きが違ってきます。

 ですから、単純に配合しなければいい、という事でもないのです。

無添加とされていてもその成分は人によってはアレルギー反応を示す人もいます。

したがって無添加であるというそれだけの訳で安心と決断するのは持て余すと言えます。

・化粧品は弱酸性がいいのか? 
おっしゃる通り健康な肌と言うのは、pHが4.0から5.5くらいまでの弱酸性と言えます。

肌のpHは角質層を作っている成分や皮膚や汗の成分なども複雑に影響しあい、弱酸性に維持されているのです。

 ですから、少々外部からの影響があっても、元来はの弱酸性のステータスに戻す働きがあります。

つまりは健康的な肌であれば化粧品のpHの影響はあまり受ける事はないと言えます。

それに現在のご時世は多くの化粧品では弱酸性や中性の化粧品を仕上げる事が可能なようになっています。

 不可欠以上に過敏になる必須はないと言えるでしょう。

Posted on